チラシのフォントに迷ったら? 効果的なフォント選びのポイント

「自分でチラシを制作しよう!」と決めたはいいものの、いざ見出しやテキストを入れるとなると、どんなフォントを使えば良いのか悩んでしまう……。
そんな方のために、フォント選びのポイントを解説します!

フォントには、インパクトのあるものやおしゃれなものなど、様々な種類がありますが、チラシに適したフォントというものがあります。

チラシ制作においてフォント選びはとても重要で、集客効果にも影響します。
せっかくなら、お客様の目に留まり、反響に繋がるチラシにしたいですよね!
効果のあるチラシ制作のために役立つ記事となっていますので、ぜひご覧ください。

 

 

フォントの種類とその特徴

フォントには、さまざまな書体があります。
その中でも、おおよそ「ゴシック体」「明朝体」「行書体」「手書きフォント」の4つに分類できます。

 

●ゴシック体

文字の太さが均一なのが特徴です。
太字にすることで印象が強くなるので、見出しなど強調するのに向いています。
また視認性が良く、小さな文字でも読みやすいので、雑誌や広告などの本文に使われています。

 

明朝体

縦線が太く、横線が細いのが特徴です。
「はらい」や「はね」など、筆文字のように文字の先が細くなっています。
線に強弱があることで文字のカタチが判別しやすいため、新聞や小説などの長い文章に使われます。

 

行書体

筆で書いたような印象の書体です。
明朝体のような繊細さを感じさせながら、より和風的・伝統的な印象を強く与えます。
その反面、用途が限定されるうえに、縮小した場合読みづらくなるので、チラシのタイトルで使用する程度が良いでしょう。

 

手書きフォント

まるで手で書いたような印象になるため、親近感を持たせる効果があります。
最近では、かわいい文字からポップな文字まで、さまざまな手書きフォントがあるので、タイトルなどで使用すると効果的です。
その一方で、長い文章では読みづらくなるため要注意です。

 

 

フォント選びのポイント

フォントの選び方一つで、チラシの印象がガラリと変わるだけでなく、反響率にも大きく影響します。
では、どのようにフォントを選んだらいいのかポイントをお伝えします。

 

ポイント1
ブランドや商品に合ったフォントを選ぶ。

フォントによって高級な印象を与えることも、親しみやすい印象を与えることもできます。
ターゲットの好みもありますが、ブランドや商品のイメージに合ったフォントを選ぶことが大切です。

 

●ポイント2
フリーフォントは極力選ばない。

ネットで検索すれば、さまざまなフリーフォントが見つかります。
魅力的なフォントが無料で手に入るからといって、気軽に使用するのは要注意です。
なぜなら、そういったフリーフォントは個性が強いため、「読みづらい傾向」があるからです。
使うとしても、アイキャッチを目的とした「小見出し程度」に用いるのが良いでしょう。

 

●ポイント3
いろんな書体を混合させない。

ゴシック体や明朝体など、複数の書体が混在していたチラシは、読みにくいだけでなく見た目も悪くなります。
そこでチラシのデザインに合わせて選ぶフォントは、2、3種類に留めること。
読ませたい本文はゴシック体や明朝体を使い、飾りのあるフォントなどは、(気を引くため)タイトルなどに使う程度にすることをおすすめします。

 

チラシの目的は、商品やサービスの魅力を伝え、最終的には反響を得ること。
「読みやすさ」の欠けたフォントにすれば、見づらいだけでなく、手にとってもらう機会を逃してしまいます。

 

 

おすすめのフォントと、反響に繋がる小技!

いろんなフォントがある中で「読みやすさ」を重視した場合、必然的に推奨フォントが絞られます。

ちなみに日本ポスティングセンターが普段使用しているのが、以下のフォントです。
特にキャッチコピーで使用しているものをピックアップしました。

 

さらに、これらフォントを使用するうえで、気を付けたいポイントがあります。

それが文字間を詰める「カーニング」作業です。
通常、何も意識せず打ち込んだままだと、漢字は間隔が狭く、カタカナは間隔が広くなりがちです。
そこで文字間を詰めることで、デザインが引き締まり、より「読みやすい」状態になります。

具体例を下記に紹介したので、間隔を調整したものと見比べてみてください。
特に長い文章の場合、カーニングすることをオススメします。

 

フォントサイズの基本

チラシの反響率にも大きく影響するだけに、フォントサイズの選定は、なんとなく雰囲気で決めないことが重要です。
まずはチラシで「何を伝えたいのか」を考えてから、選ぶことをおすすめします。

店舗オープンを伝えたいのか、割引で目を引きたいのか等、伝えたいことを決め、それらに優先順位をつけましょう。

例えば、オープン告知で気を引き、割引で関心を高め、具体的な内容は本文で紹介する流れを考えたとします。
その流れにともなって、文字の大きさが以下のようになります。

 

1) オープン告知 → 大サイズ
2) 割引 → 中サイズ
3) 本文 → 小サイズ

 

たとえば、エステサロンのA4チラシであれば、キャッチコピーのフォントサイズが40〜60Pt、リードコピーが24〜36Pt、小見出しが28〜34Pt、本文が10〜20Pt、メニュー紹介が8〜15Ptといった具合です。
なお、フォントサイズはチラシサイズや業種によって変わります。
要はフォントサイズに「大小の変化」をつけて「メリハリ」を出すことを意識するのがポイントです。

 

もし、チラシ制作でお悩みであれば、ポスティングセンターまでご相談ください。
反響の出るチラシだけでなく、ポスティングの単価や配布エリアのご提案まで、ご案内しています。

 

また、ポスティングチラシにお悩みの方に、少しでもお役に立ちたくて無料のチラシ診断を実施中です。
診断後、強引なセールスは致しません。適正な診断を行いますので、安心してご利用ください。

「超辛口!!無料チラシ診断」の詳しい内容はこちら↓
https://www.japan-pos.co.jp/news/post-1346/

 

ポスティングのお見積りのご依頼、お問合せはお気軽にどうぞ!
電話でのお問い合わせは、こちら。0120-062-206

 

 

ポスティングの反響率を上げたい方に以下の記事も読まれています!

マンションにもポスティングできる? トラブルとその予防策

自社でのポスティングを検討されている方のために、マンションポスティングのキホンをまとめました!

マンションへのポスティングは可能なのか、許可など必要なのか? クレームが起きるのではないか? 予防策はあるのか?
そんな疑問にお答えします。

上手にマンションにポスティングして、反響率アップを狙いましょう!

 

 

マンションポスティングのメリット

駅近の1K、1ルーム中心のマンションから、ファミリー層が入居していそうなマンション、高級マンションまで、さまざまなタイプがあります。
言い換えれば、マンションのグレードや価格帯、間取りなどを知ることで、おおよその入居者がわかるということです。

ポスティングの反響率アップを狙うなら、ターゲットを絞り込むのが理想です。
そこでマンションの特徴をつかめば、ターゲットを絞ってポスティングすることが可能となります。

またマンションであれば、集中ポストなので、一か所で一気に効率よく投函できるメリットがあります。

 

 

マンションポスティングのデメリット

マンションに限らず、ポスティングで気を付けるべきはクレーム対応です。
集中ポストなので、一か所で一気に効率よく投函できる反面、誤って投函してしまうリスクが発生します。

また、マンションのポストは小さいため、すんなり入るのはB5サイズまでです。
それより大きいサイズになれば、キレイに折って投函するため手間がかかります。
もし、はみ出したままで投函すれば、見映えが悪いので心証を悪くするばかりか、クレームの対象になります。

クレームの数を減らすための投函ルールは、個人で投函される方はもちろん、ポスティング会社にとっても課題だといえます。

 

 

マンションにはポスティングできる? できない? 見分け方はある?

ポスティングそのものは、商法PR活動の一環なので違法ではありません。
しかし、実際のところポスティングが「できる・できない」マンションが存在します。

それを見分けるコツは以下の通りです。

 

【ポスティングできそうなマンションの見わけ方】

 

●管理人がいるか、いないか。

管理人またはコンシェルジュが常駐しているマンションの場合、ポスティングを断られるケースがあります。
もし、管理人さんがいた場合、ひと声かけて許可をとってから投函しましょう。

 

●ポスティング禁止の掲示があるか、ないか。

ポストの周辺に「ポスティング禁止」の張り紙があれば、ポスティングはあきらめましょう。
もし、強引に投函すればクレームになるどころか、罰金・通報されることになります。

 

●玄関にオートロックがあるか、ないか。

通常、集中ポストは玄関内に設けてあります。
出入りが自由なエントランスであれば、ポスティングが可能です。
その一方でオートロック機能の自動ドアであれば、当然のことながら投函ができません。
高級・大型マンションなどは、セキュリティがしっかりとしているため、オートロック式の玄関が多い傾向にあります。

 

 

クレーム対策してトラブルを予防しよう!

マンションのポスティングは、いかに「クレーム対策」をするかがポイントといえます。
では、どのような点に気を付けるべきかコツをご紹介します。

 

●管理人の有無・チラシ投函禁止の貼り紙を必ず確認する。

上記でも書きましたが、管理人のいるマンションではチラシを投函してもよいか必ず許可を取りましょう。

もし管理人が不在の場合、他にもチラシが投函されているようであれば、ポスティングしても良い可能性が高いといえます。
状況を見ながら判断したいところです。

また、「チラシお断り」といった貼り紙があったら投函しないのが原則です。
なお、「チラシお断り」の注意書きは、手書きの掲示板に書いてあるケース、ポストから見えづらい場所に貼られているケースがあるので要注意です。
いずれも無視してポスティングすればクレームが発生します。
上記に該当したマンションは、配布禁止リストを作成しておき、配布スタッフに共有しておくと良いでしょう。

 

●雨や雪の日は、ポスティングをできるだけ控える。

雨や雪の日に投函されたチラシは、濡れてヨレヨレになっていたり、チラシがくっついてしまったり……。

またビニールに封入されたチラシでも、他に投函されたチラシを濡らしてしまう可能性があります。

こうした濡れたチラシは心証を悪くするばかりか、最悪の場合クレームにつながります。
基本、雨や雪などの天候が悪いときは、ポスティングをさけたほうが賢明と言えます。

 

●ポストの中まで、しっかり投函する。

配布効率を良くしたいがために、ポストからはみ出したままチラシを投函するケースがあります。
これだと見た目が悪いだけでなく、ポストからチラシが落ちてしまう可能性があり、ポスト周辺のゴミとして扱われてしまいます。
これらもクレームの対象になりますので、ポスティングするときはポストの中まで、しっかりと投函することを心がけましょう。

 

 

ポスティングなら日本ポスティングセンターにおまかせください!

ポスティングでは、どのように「クレーム予防」をするかが大きなカギとなります。
それにもかかわらず、ポスティング業者によっては、予防策が万全でないケースが見られます。
これからポスティングを依頼しようとお考えなら、「クレーム予防」にも注意している業者を選ぶことが賢明といえます。

日本ポスティングセンターなら、「クレーム予防」に対する経験・ノウハウがあります。

「チラシの配布禁止対策」「管理人対策」はもちろん、チラシ投函におけるマナーなど、配布スタッフに対しての指導を徹底しています。

この他、雨の日にはポスティングしない、投函しやすいよう業務用紙折り機を使用するなど、さまざまな工夫もしています。

 

もし、この記事を読んで日本ポスティングセンターのポスティングに興味を持たれたなら、下記までお気軽にお問い合わせください。
ポスティングの単価や配布エリアのご提案まで、ご案内しています。

 

また、ポスティングチラシにお悩みの方に、少しでもお役に立ちたくて無料のチラシ診断を実施中です。
診断後、強引なセールスは致しません。適正な診断を行いますので、安心してご利用ください。

「超辛口!!無料チラシ診断」の詳しい内容はこちら↓
https://www.japan-pos.co.jp/news/post-1346/

 

ポスティングのお見積りのご依頼、お問合せはお気軽にどうぞ!
電話でのお問い合わせは、こちら。0120-062-206

 

 

ポスティングの反響率を上げたい方に以下の記事も読まれています!

ポスティングの適正時間帯を知って、通報・クレームを防ごう!

ご自身でのポスティングを検討されている方、配布の時間帯について悩んでいませんか?
たとえば夜間のポスティングは違法ではないのか、クレームにつながるのではないか……不安もあるのではないかと思います。

そこで、本記事ではポスティングの時間帯について解説いたします。
実は、ポスティングには避けた方が良い時間帯だけでなく、反響や効果が出やすいオススメの時間帯もあるんです。

ポスティングで失敗したくない方必見の記事ですので、ぜひご覧ください!

 

ポスティングする時間帯に関するルール

いざポスティングするとなったとき、気になるのが「時間帯のルール」です。
特に法律違反に該当するような「時間帯のルール」があれば、避けてチラシを投函したいものです。

では実際どうなのかといえば、どの時間にポスティングしても法律上問題はありません。
つまり24時間、どの時間帯にチラシを投函しても法に触れることはないということです。

 

 

避けた方が良い時間帯

法律違反ではないというものの、好きな時間に勝手にポスティングしていいものでもありません。
では、どの時間帯を避けてチラシを投函したらいいでしょうか。

それはズバリ、「夜間のポスティング」です。

夜間のポスティングを避けたい主な理由としては、以下の通りです。

 

(1)誤って投函してしまう

夜遅い時間帯だと手元が暗いため、「チラシ投函お断り」の表示を見落としてしまいます。
その結果、クレームの原因になり、お店の印象が悪くなりかねません。

 

(2)配布効率が悪くなる

夜のポスティングは、ライトと地図を手にして、ポストの位置を探りながらの作業となり、思った以上に大変な作業です。

 

(3)クレームにつながりやすい

夜遅くチラシを投函することで、悪い印象を与える可能性があります。
場合によっては、「なんでこんな夜にチラシを入れるんだ!」とクレームにつながることも考えられます。

 

(4)不審者と間違えられる

夜更けの街を行き来すれば、怪しい人と間違えられても仕方がないでしょう。
最悪の場合、警察に通報されかねません。
それではクレームどころの話ではすまされなくなります。

 

 

通報・クレームを防ぐために

通報・クレームを防ぐコツとしては、「夜間のポスティング」でなくても、怪しい人だと思われないことです。
そこで気を付けたいのが、「ポスティング時の服装」です。

具体例としては、以下の通りです。

  • 襟付きシャツ・ポロシャツ
  • 黒ずくめの服装は避け、明るい色またはグレーや紺などの淡い色
  • 派手な柄よりはシンプルな柄
  • デニムよりはチノパンツ
  • ルーズに見えるダボダボの服より、サイズ感の合っているもの


上記はあくまで例です。
要はシンプルで清潔感のある服装で、「きちんとした印象」を与えれば十分です。

 

 

オススメの時間帯はある?

毎日、さまざまな郵便物が投函される中で、いかに目に触れるかがポイントになります。

そう考えたとき効果が期待できる時間帯は、「早朝または夕方過ぎ」といえるでしょう。
早朝であれば他のチラシが投函される前、夕方すぎであれば他のチラシの投函された後になり、ポスト内の郵便物の一番上になりやすいからです。

このほか、単身世帯なら仕事や学校が終わって帰宅した夕方以降の時間帯。専業主婦の方なら、午前10時~午後3時の時間帯を狙うのも効果をあげるコツの一つです。

 

 

ポスティングなら日本ポスティングセンターにおまかせください!

ポスティングの時間帯で効果を出すのであれば、もう一点意識していただきたいことがあります。

それはポスティングの配布スタッフです。

実はポスティング業者によっては、自社スタッフではないアルバイトに依頼しているケースがあるうえに、スタッフ教育や指導内容がいい加減な場合も見受けられます。
もし、そんな業者に依頼した場合、ポスティング品質が悪くなりクレームにつながる確率が高くなります。

その点、日本ポスティングセンターは、ポスティングを外注していません。
すべて確かな研修にて教育を行なった「専属スタッフ」が担当します。

現在、日本ポスティングセンターでは、120名ものポスティングスタッフが在籍 (2019年4月現在)。
しかも反響率基準をクリアしたスタッフだけで構成されているので、確実かつ信頼できるうえに反響率アップにも大きく貢献します。

 

さらにクレームにつながらないよう、以下の取り組みをしています。

  • 「チラシ配布禁止」などの貼り紙がある家・マンションには投函しない。
  • 基本、雨の日にはチラシを投函しない。
  • キレイに投函するために、「業務用紙折り機」を使用する。

 

もし、この記事を読んで日本ポスティングセンターのポスティングに興味を持たれたなら、下記までお気軽にお問い合わせください。
ポスティングの単価や配布エリアのご提案まで、ご案内しています。

 

また、ポスティングチラシにお悩みの方に、少しでもお役に立ちたくて無料のチラシ診断を実施中です。
診断後、強引なセールスは致しません。適正な診断を行いますので、安心してご利用ください。

「超辛口!!無料チラシ診断」の詳しい内容はこちら↓
https://www.japan-pos.co.jp/news/post-1346/

 

ポスティングのお見積りのご依頼、お問合せはお気軽にどうぞ!
電話でのお問い合わせは、こちら。0120-062-206

 

 

ポスティングの反響率を上げたい方に以下の記事も読まれています!