クレーム必至! 嫌われるポスティングとは?

ポスティング クレーム

手にとって見てくれる確率が高い、新聞を購読していない人にもPRができる、配布先を細かく絞り込める…。何かとメリットの多いポスティングですが、残念ながら投函したチラシに対してクレームが入る可能性はゼロではありません。しかし、次のようなポイントに気を付けることで、クレームを軽減することができます。

 

「チラシ投函禁止」などの貼り紙がある家・マンションには投函しない。

 

これは基本中の基本です。玄関先やポスト近くに「チラシお断り」と、わざわざ貼り紙をするくらいですから、チラシを投函したときは烈火のごとくクレームが入るのは間違いありません。

 

しかし、当り前のように思えますが、ポスティングスタッフによっては、ノルマの達成のためにお構いなく投函するケースもあります。さらに、そうした悪意がない場合でも、「チラシお断り」が明記されている場所が見えづらい等によって、投函ミスを招くことも考えられるので要注意です。

 

はみ出た状態でチラシを投函しない。

 

たまにマンションで見かけるのが、ポストからはみ出た状態のチラシ。これは明らかに投函された方の心象を悪くします。また雨の日だった場合、一戸建てのポストならチラシが濡れてしまい、高い確率でクレームが発生することになります。

 

では、なぜポストからチラシがはみ出した状態で投函されるのでしょうか。その理由は、奥まで入れるのが面倒なため、はみ出た状態でもかまわず投函するという怠慢に他なりません。またマンションの場合、チラシをはみ出した状態にしておけば、どこに投函したのかがわかるから、そうしているだけのことです。

 

 

チラシはキレイな折り目で投函する。

 

ポストを見た時、グチャグチャに押し込まれたチラシを見たら、誰だって嫌な思いをするものです。当然、クレームに発展する可能性大といえます。これでは手にとって読んでもらえるどころの話ではなくなります。ポスティングだからって、ただ単にチラシをポストに入れるだけではNGです。少しでも心証を良くするなら、折り目のあるチラシを投函したいところです。

 

 

雨の日に投函しない。

 

たとえば一戸建てのポストに投函する場合、ポストの中や投函口のふた等が濡れていることが多々あります。また、ポストの中に雨水がはいるケースも考えられるでしょう。さらに、チラシを濡らさないようポストの奥まで入れたとしても、投函するタイミングでチラシが濡れる可能性もあります。濡れてヨレヨレ、クシャクシャのチラシがポストの中に入っていたら、気分を害するのは当然のことです。雨の日には投函しないことが賢明だといえます。

 

クレームにつながらないよう、日本ポスティングセンターが行っていること。

 

こうしたクレームに向けての取り組みは、ポスティング業者によって大きく変わります。上記のことを無視したチラシを投函する業者に頼めば、当然のことながらクレームの嵐です。しかし、日本ポスティングセンターは違います。ポスティングの反応率を上げることはもちろん、可能な限りクレームが発生しないよう以下のような取り組みをしています。

 

 

「チラシ配布禁止」などの貼り紙がある家・マンションには投函しない。

 

上記でご紹介した通り、一つもメリットがありません。当然のことながら、日本ポスティングセンターでは、一切投函していませんので、ご安心ください。

 

 

キレイに投函するために、「業務用紙折り機」を使用。

 

たまに見かける「手折り」のポスティングチラシ。そのほとんどがポスティングスタッフの手作業によるものです。もし、「手折り」チラシのままで投函された場合、ポストの中が乱雑な状態になりクレームの対象となります。

 

そこで日本ポスティングセンターでは、チラシに折り目をつける「業務用紙折り機」を導入。折り目が美しいチラシを配布することができるので、クレームにつながりにくいというメリットがあります。なお、「業務用紙折り機」では、さまざまな紙質や厚みの紙を色々な形に折ることが可能です。

 

 

基本、雨の日にはチラシを投函しない。

 

日本ポスティングセンターでは、原則として「雨天の配布」はお休みです。その代わり、雨天の予備日も考慮して、納期設定を行ったうえで投函しています。

 

やはり雨天であれば、濡れてしまうリスクがある他、湿気でもヨレヨレになる確率が高くなり、クレームの対象となります。また、家の方がポストからチラシを取り出すときに傘で手がふさがるケースも考えられ、晴れた日と比べてもチラシを見ていただける確率が低下します。

 

ただし、お急ぎで配布したい場合は、雨天でも「集合ポストのあるマンション」だけ配布し、後日、戸建てを配ることがあります。

 

もし、この記事を読んで日本ポスティングセンターのポスティングに興味を持たれたなら、

下記までお気軽にお問い合わせください。ポスティングの単価や配布エリアのご提案まで、ご案内しています。

 

ポスティングのお見積りのご依頼、お問合せはお気軽にどうぞ!

電話でのお問い合わせは、こちら。0120-062-206