~これだけは言わせて!!ポスティング反響アップの秘訣~

こんばんは✨

マメノキカンパニーの中辻です^^*
 
12月のセミナーにむけて
本日から少しずつ
ポスティングとチラシについて
あくまでも私の価値観で
ブログを書いていこうと思います✨
 
このブログを読めばセミナーに行かなくても良くなっちゃう?!かもしれません。Σ( ̄□ ̄;えぇぇー
 
むむむ。
まあそれは置いといて。
 
 
 
本日はずばり
ポスティング広告で反響アップの秘訣!!
からお話します。
 
 
最初に答えを言わせて下さい。
 
反響アップの秘訣はズバリ…
 
チラシの内容が5割
ポスティング手法が5割
ということです。
 
これは
実は当たり前のようで 
まだまだ浸透されてない秘訣です。
 
 
よくお客様がおっしゃいます。
 
「前にポスティング業者に頼んだのに反響が1件もなかった。」
 
「マメノキさんみたいな配布報告なんてなかった。」
 
「前の業者はGPSもなかった。ちゃんと配っていたのか疑問。」
 
 
お客様は
チラシを配れば反響があって当たり前
だと思っています。
 
もちろん、お客様の心はそうですよね。
1万枚配れば、それなりに反響あっていいだろう。じゃあ2万枚配ればもっと反響あるだろう。
当たり前の発想です。
 
しかしいざポスティングを実施して
反響がなければ
 
ポスティング広告はダメ。今はネット広告の時代だ。
この業者は適当だ!配っていない!
と、まずポスティング業者を疑います。
 
もちろんそれも間違いではありません。
(理由はあとで)
 
しかしあくまでも
ポスティング業者が出来ることは
最大限反響が見込める地区を選定して
チラシを丁寧に心をこめてポストに投函する
ところまで。です。 
 
しっかりと配布した前提で
お客様がそれを手にとった時
捨てるか、捨てないか。
行動するか、しないか。
タイミングとチラシの内容
にしか理由はありません。
 
その事実を知らないお客様は
実はたくさんいらっしゃいます。
 
チラシの内容▶〇
ポスティング手法▶〇
 
この2つが絶妙なバランスであった時、ものすごい反響率を叩き出すわけです。
 
ポスティング業者にだけ
反響が上がらない理由があるわけではありません。
 
しかしながら
ポスティング業者を責める気持ちもじゅうぶんにわかります。
 
決められたエリアにミスなく
期間内に、丁寧に投函する
(クレームを最大限防ぐ工夫もする)
実際に完璧にこなしている業者は半分程度でしょう。それ以下かもしれません。
 
ポスティング業者は昔からグレーなことばかりしてきたので(チラシを捨てる、雑に配布する)そのような扱いを受けるのはいた仕方ないのかもしれません。
(未だにポスティングって、夜な夜なピンクチラシを配るものだと、思っている方もたくさんいます。)
 
だからこそ
私たちポスティング業者は
GPSを導入したり
報告書を提出したり
スタッフの育成に力を入れたり
少しでもお客様の不信感を取り除く努力をしているのです。
 
しかし私の場合はそれだけが理由ではありません。
 
はじめてポスティングのご依頼をいただいたお客様。
商圏データを用いて地区も選定しました。
あとは配るだけ…。
そして、実際配布させていただくチラシを見せてもらうと
 
おっと。
これは…。
なんとも…。
もったいない…。
お客様の会社の強みが何ら落とし込まれていないチラシ…。
内容も伝わりにくい。
キャッチコピーが小さい。
ターゲットも絞り込めていない。
どう行動してほしいかもわからない。
 
むむむ。
正直、良いチラシとは言えません。
 
めっちゃ偉そうで申し訳ないですが
配りたくないな。
と思ってしまうのです。
 
貴重な販促費用をかけて
配布させていただくわけですから
反響、出したいですよね。
反響出なかったら それも私たちの実績になるわけですから。
お客様も喜んでくれませんし、悲しいんです。
 
なので、私たちは
チラシの提案もさせていただきたいわけなのです。
 
正直に言いたいわけです。
 
このチラシはもったいないですよ。
もっともっと強みをチラシに反映させましょう!
と。
 
ですが私たちが
いざ配って、反響がなくて
チラシ作りましょう!
ってお話すると
 
絶対悪徳だと思われますよね。笑
この業者!ふざけんなよ!となりますよね。
 
なので、そのための言い訳なんですよね。
GPSも使って報告書まで出して
エリアも選定して、配布スケジュールも考えて考えて、それでもダメだった。
そこではじめてチラシの内容突っ込めるんですよね。
 
前までは言えませんでした。
失礼だと思っていました。 
チラシのせいにするなんて。
良いチラシじゃないなぁと思っていても、言えませんでした。  
 
でも前に1度勇気をもって言ってみたんです。
 
そうしたらお客様から
「私たちはチラシを撒きたいわけではない。問い合わせがほしいからチラシを撒くんです。そこを押さえて話してくれたのは中辻さんだけです。」
 
と、本当に有り難いお言葉をいただきました。
 
あぁ…。そやな。
言ってよかったなぁ。
と心から思いました。
 
お客様のためにも
良いものは良い!
悪いものは悪い!
と言えるスタッフで在るべきです。 
悪い!と言うならば
良いご提案ができるよう努力しています。
 
チラシ制作で利益は要りません(本当は利益出さなきゃダメ)
 
私たちのポスティングに満足してもらえないくらいなら、チラシの利益は置いといて反響をとります。
 
それは、ただの意地とプライドですが( ̄▽ ̄;)
 
あ…。
完結に読みやすいブログにしないと、といつも思っているのに
また好き勝手書いてしまいました(反省)
しかも論点もズレズレですね。
 
話を戻しますが
 
じゃあ良いチラシって
どんなんやねん!
 
というお話はまた明日…✨  
 
長々と乱文失礼致しましたm(*_ _)m
 
大阪で圧倒的反響率のポスティング