反響をとれないことを人のせいにしていませんか?反響をとれないことを
人のせいにしていませんか?

「○○万枚ポスティングを依頼したけど反響がゼロだった。きっと外注したポスティング業者がしっかり配布していないんだ」
このように思ったことはありませんか?
もちろん、上記のような例はゼロではありません。配布だけでなく、進捗の連絡や報告がずさんなポスティング業者が多いのも事実です。
しかし、反響がとれない理由は、本当にそれだけでしょうか?

実は、別のところにも反響を獲得できない原因があるかもしれません。 それは、配布しているチラシです。

私は現在まで、自社で制作したもの以外に何千、何万のチラシデータを見てきました。ご依頼いただくときに、チラシをお持ち込みいただくことも多いです。
その際、「このチラシでは反響は獲得できないかもしれない…。」
と思うことも多々あります。ポスティングチラシは他の紙媒体とは作り方も、内容の構成も異なります。
ただ、かっこよく作るだけでは、全く反響が取れないチラシになることもあるので注意が必要です。
下記は私がこれまでに見た、反響が取れないと感じたチラシの一例です。お手元の自社のチラシをセルフチェックしてみてください。

1.読む気無くす系チラシ
  • 文字ばかりのチラシ
  • 写真の掲載が3枚以下のチラシ
  • 白黒のチラシ
  • キャッチコピーから本文までの文字がほぼ同じ大きさのチラシ
  • チラシの端(5m以内)まで文字で埋め尽くされているチラシ

ご自身でチラシを作成された方に一番多いチラシの例です。
「とてもいい事を書いたから、読んでもらえれば、きっと反響が取れるはずだ!」は大きな間違いです。
そもそもポスティングチラシは、読む気のない人に、読ませるものです。チラシを手にとった方の99%はあなたの商品を知らない人でしょう。商品の良さをしっているのは、あなただけと言う事を忘れてはいけません。文字ばかりのチラシは見た瞬間に、読む気がなくなりそのままゴミ箱行きです。キャッチコピーや本文はメリハリをつけてデザインしましょう。
また、白黒のチラシは、質の低い会社に見られがちです。少しでも印刷費用を抑えたいという方は、白黒チラシをチョイスされると思いますが、白黒とカラーではチラシの印刷費の差は微々たる金額しかありません。
チラシの質で、会社の質を測られることもありますので、控えましょう。

2.何もアピールできていない系チラシ

新規openの店舗のチラシや、チラシでの集客に慣れていない方に多いチラシです。
「●月●日に○○駅周辺で学習塾を開校しました。」という内容だけが書かれたチラシ
こんなチラシをよく見かけます。でもこれだけでは反響はとれません。
もちろん、「学習塾ができた」ということは伝わるチラシですが、「その学習塾に通うことで、どんな利益があるのか」「他の学習塾とはどんな違いがあるのか」をしっかりと記載することが大切です。

重要!チラシ制作6箇条

1
誰(ターゲット)に
何(商品)を伝えたいか、
ひと目で
わかるチラシ
誰に何を売りたいか、具体的なペルソナを考えろ。(例)40代女性に、整骨院の整体サービス…など。 大多数の人に、取り敢えず周辺の住人さんに…。はウケない!ターゲットをしぼることで刺さるチラシ ができる。
2
文字が大きく、読みやすいチラシ
見やすい、読みやすい、わかりやすい、を一番に考えろ。かっこいいフォントや癖の強いフォントは、 本文には使うな。ご高齢の方がターゲットのチラシに、小さい文字などはNG。文字が小さいだけで 8割の人は読む気を無くす。
3
読む気のない人に、読ますことができるチラシ
ポスティングチラシは見られないことを前提に作れ。うちの商品は良いからチラシを配れば見てくれる、 は独りよがり。読み手の99%はあなたの商品を全く知らない人だと思え。キャッチコピーは目をひく 文言で大きく書け。
4
読み手に(どのように)行動して欲しいかがひと目で わかるチラシ
お店の紹介や、商品の紹介だけのチラシにするな。どう行動してほしいか、までしっかり記載しろ。 例)ご来店お待ちしております。お電話で「チラシを見て…。」とお気軽にお問い合わせください。など。 欲しかったらそれくらい自分で考えてくれるだろう。は大間違い。書くと、書かないでは大違い。
5
捨てられないチラシ
チラシには特別な付加価値をつけろ。(例)10%オフクーポン、ドリンク一杯無料、など。あ、この チラシ今捨てない方がいいかも、と思ってもらった時点で確実に反響につながる。
6
読み手にとって利益になることを伝えるチラシ
読み手の利益になることが書いていないチラシはいくら配っても反響は上がらない。 ○○市に新規開 校学習塾○○市のお役にたちたい防水業者です。そんなことは見ればわかる。大切なのは。何ができる のか、どんなところが優れているのか。他社にはできないことができるのか。自社の強みを語らないチ ラシはたくさん配ってもお金の無駄。

無料超辛口チラシ診断実施中!

ポスティングで反響を獲得する秘訣は
チラシの内容 5割:配り手 5割 です。

きれいごと抜きで
チラシの診断をします。

貴重な販促費を使ってポスティングを実施
していただくのですから
しっかり反響のとれるチラシを
使用していただきたい。
その強い思いをもって、
きれいごと抜きで本気でチラシの診断をします。
  • 診断は、あくまでもポスティングで使用するチラシという提で診断します。
  • 中辻の主観を多く含みます。
  • かなりの辛口診断となります。多々失礼があります。
  • 怒りっぽい方はご遠慮ください。
超辛口チラシ診断事例その①

宝塚市にて新規開院予定の接骨院様から診断の依頼をいただいたチラシです。
こちらは院長先生自ら、初めて制作したチラシラフです。
初めてでどのようにチラシを制作したらよいか分からないとのことで、
診断のご依頼を頂きました!

超辛口!チラシ診断結果

【Before】

  • 読み手に一番伝えたいことをキャッチコピーに。
    もっと大きく。
  • 言葉ではなく、クーポンなどをつけて、捨てたら損だと感じさせた方が良い。
  • 何となく良いことを書いても響かない。
    もっと具体的に。
  • キャンペーンの内容が不明確なので疑問を残してしまう。
    具体的に書いて疑問を全て解決する。
  • 施術のイメージが伝わるように。もう少し詳細に。
  • 高齢の方でも見えるようにもっと連絡先を大きく。

【After】

チラシ診断後に制作のご依頼をいただいて、
弊社にてご提案中のチラシです。

伝えたい内容を大きく、アイキャッチに使用することで、ターゲットが興味をもち、
細部まで細かく見てくれるようなチラシの作りをご提案しています。
チラシのデータは一度しっかりしたものを作成すれば、小さな修正のみで基本的に
使いまわしが可能です。せっかく高い費用を捻出してポスティングを行うのでしたら、

しっかりとしたチラシを、しっかりとした業者で配布することで
費用対効果も抜群 になります!

超辛口チラシ診断事例その②

大阪市平野区にて学習塾様から診断の依頼をいただいたチラシです。
こちらの学習塾様は過去4回にわたり、自作でチラシを制作なさっていました。
過去のチラシを全て拝見し、ガラッと変わるチラシをご提案しました。

超辛口!チラシ診断結果

【Before】

  • 具体的な数字を用いた目を引くキャッチコピーがない
  • 1枚のチラシで実績から他店との差別化となる情報が繋がらない(チラシを細分化しすぎ)
  • 実際のサービス内容が主な内容になっており、通うことで得られる有益情報が少ない
  • キャンペーンなどがないため、「今問い合わせる必要性」が感じられない
  • 全て表面のみのチラシとなっており、規模感が伝わらない

【After】

チラシ診断後に制作のご依頼をいただいて、
弊社にてご提案中のチラシです。

※クリックで拡大してみることができます。
  • 直筆の生徒の声を掲載することによって、口コミの
    信ぴょう性を出した
  • 講師の写真を掲載することによって信頼できるところを強調
  • 学習方法や、まなび屋ができることをわかりやすく掲載
  • キャッチコピーは実績を元に挑戦的で目をひくものに
    変更した
  • 建屋の写真や内部の写真を掲載することによって、
    実際に通塾してもらうイメージ付けをした
  • 塾のあるエリアの所得層(商圏データを使用)に
    合わせた価格帯に再設定し、
    キャンペーンなども大きくアピールした
チラシの細部修正は
原則永久無料!

※1.当社でポスティングを継続している場合に限ります。

※2.レイアウトそのものを変更する必要がある大きな修正に関しては別途修正費用が発生します。

  • 無料範囲例(住所、℡、営業時間等の変更、キャッチコピーや細かい見出し部分の文言変更、お写真の差し替え(一部)など
  • 有料範囲例(掲載コンテンツの変更、新しいコンテンツの追加、全てのお写真の差し替え、など