ZENRINの商圏データを用いたポスティングとは?*ゼンリン子会社のゼンリンジオインテリジェンスの「マケプラ」を使用。
ZENRIN×不正、配布ミス”0”宣言 徹底管理の全く新しいポスティングサービス

サービス説明

Service

「株式会社ゼンリンジオインテリジェンス様」の「マケプラ」という日本全国の商圏データを有効活用した大阪初のポスティングサービスです。マーケティングデータから理想的な見込客を絞ってチラシを配布できます。
一般的なポスティングサービスは、クライアント様がご希望されるエリアにチラシの配布を行うという単純なサービスです。しかし、単純なエリア指定では思ったような反響を獲得することができません。(そもそも、反響を獲得することではなく、チラシを配布することが目的になってしまっているケースが多々あります…)

専務取締役

弊社では、「ZENRINの商圏データ」を使って、消費支出データやライフスタイル、年収、貯金残高などのマーケティングデータをもとに販促エリアをご提案いたします。
そのため、あらかじめ見込みの高い世帯に絞ってチラシを配布できます。
つまり、無駄なチラシを配布することなく、クライアント様が求める反響を獲得していただくことが可能になったのです。

専務取締役

*ZENRINの商圏データって…?

国勢調査などのデータをもとに調査した、ライフスタイルデータ、消費支出などの配布地区の選定に役立つ膨大なデータです。日本ポスティングセンターは、ポスティングのご依頼をいただいた皆様に、この商圏データをもとに反響を獲得出来る見込みの高いエリアを無料でご提案させて頂きます。
ZENRINの商圏データを使用した
ポスティングエリア選定

ZENRINの商圏データを使ってポスティングするエリア選定を行うと…

住民基本台帳データや消費支出データをもとにクライアント様が求めるターゲット世帯にチラシを配布できるので、優良顧客を増やす事ができます。

見込みの高いエリアに絞ってポスティングでき、無駄なチラシを配布しなくてよいので、トータルの販促費を削減することができます。

経験や勘だけではなく、データにもとづいてエリア選定ができるので、予想外の高反響エリアを抽出することが可能です。これまで取りこぼしてきたエリアから反響を獲得することもできるようになります。

ご依頼いただいた具体例

その①:中百舌鳥駅周辺の学習塾様の事例
一般的なポスティングサービスの場合

ターゲットエリアが明確でない場合は、学習塾の集客エリア2キロ圏内を軒並み配布するのが基本の方法となります。 その場合の世帯数は59,377世帯と仮定されます。

日本ポスティングセンターの
ご提案の場合
当社の場合は、クライアントのターゲットをヒアリングして、ターゲットエリアの選定が可能。
今回の場合は、中学生と新中学生がターゲットのチラシなので、10歳~14歳人口と子供の学習 費用を捻出できる比較的富裕層世帯(年収700万円以上世帯)が多いエリアを検索します。
検索項目は実数値と構成比の2種類で検索します。
① 実数値とは?
※地図上では、値が高いほど「無色<青<緑<黄<朱<赤」と色分けされます。
実数値とは、上記ターゲットが実数で多いエリアを表します。実数値の場合、確実にターゲットが 多いエリアをピックアップできますが、町人口(分母)が多いエリアが選択されがちという特徴もあります。 そのため、構成比のデータも検索し、比較していきます。
② 構成比とは?
※地図上では、値が高いほど「無色<青<緑<黄<朱<赤」と色分けされます。
構成比は、実数値とは異なり、上記ターゲットにて多く構成されているエリアがピックアップされます。 すなわち、町全体の人口(分母)に対してターゲット(分子)の割合が多いエリアとなるのです。 しかし、「%」での検出のため、極端に世帯数の少ない(10世帯など)山間の秘境住宅地などが選択される こともあります。
実数値と構成比のデータから割り出される最適なポスティングエリア
上記2つのデータを検索・検証すると、エリア選定は実数値・構成比共にランクの高いエリア=一番の反響見込みエリアとなります。この学習塾様には、ポスティングエリアのご提案として、このようなエリア選定を行い、ご提案しました。その世帯数はなんと、43,219世帯!
一般的なポスティング会社の提案である59,377世帯と比べると、約3割のポスティング世帯の削減を行うことができ、ターゲットに沿ったポスティングエリアのご提案ができました。 このように、Z E N R I Nデータを元に拠点近隣と、商圏データで見込みのあるエリアのみに配布することで、 チラシの無駄撒きを防ぎ、より反響につながりやすいターゲットエリアをご提案することができているのです。
その②:
外装リフォーム業の新規参入エリア選定の事例
既に集客しているエリアとは別に、新規で参入エリアを増やしたい場合は、
・配布したいエリアは決まっているが、そこがどのようなエリアかわからない
・戸建ての世帯数がわからない
というようなケースが多々あります。
そのような場合、日本ポスティングセンターでは、エリア情報を調査することが可能です。
お客様の目的やターゲットに合わせて、エリア選定に使用するデータを選んでいます。
今回の外装リフォーム業のお客様の場合、千里山駅・関大前駅の周辺エリアに絞って、エリア情報を検索します。
このように、戸建ての世帯数だけではなく、お住まいの方の年齢層、家族構成、年収などのエリア情報を調べる ことで、外装リフォームの新規参入にふさわしいエリアか、ポスティングの反響が見込めるエリアかを判断する ことができます。
また、現在すでに集客しているエリアで反響が良いエリアがわかっている場合には、そのエリアの類似エリアを 提案することも可能です。
日本ポスティングセンター
だからできる!

私たちは、分子(反響)を上げる
だけでなく分母(配布枚数)
減らすことにより
費用対効果をUPさせます!